副作用を和らげることが抗がん剤治療には必須となっています

地域による費用の違い

手術後の再発防止のために行われることも多い抗がん剤治療ですが、抗がん剤治療は地域によって費用が変わってくるのかという疑問を抱いている方もおられるのではないでしょうか。東京より沖縄のほうが安いのか、北海道と大阪ではどちらが安くつくのか、といったことを考えたことがある方もいるでしょうが、はっきり言って地域による違いはあまりないと言えるでしょう。地域によって抗がん剤治療の費用が大きく変化することはないにしても、病院によって変わってくることは多々あります。また、癌の進行具合やその時々の状況などによって費用は変わってきますから一概に相場を示すのは難しい話です。人によってまちまち、というのが正直なところでしょう。

抗がん剤治療を受けるうえで注意すべきポイントは副作用です。副作用はどんな薬にもありますし、身近な存在である風邪薬や痛み止めといった薬にも副作用はあります。「風邪薬なんかで副作用が出たことなんてない」という方もいるでしょうが、風邪薬を飲んだときに体がだるくなったり、眠くなったりしたことがありませんか?これが薬による副作用です。もちろん、絶対に副作用だとは断言できないものの、副作用である確率が高いでしょう。抗がん剤にも同じように副作用がありますし、血圧低下や嘔吐、腹痛などさまざまな副作用があると言われています。最近では抗がん剤の副作用も随分緩和されていますから、今後はもっと副作用が少ない薬も登場するでしょう。