副作用を和らげることが抗がん剤治療には必須となっています

抗がん剤治療の特徴

癌になってしまった部分だけを治療する摘出手術や放射線治療と違い、抗がん剤治療は全身に効果が期待できると言われています。放射線治療や手術が局所的な治療なのに対し、抗がん剤治療は体全体に働きかけ見つからない癌細胞の破壊も可能というメリットがあります。これが大きな特徴とも言えますし、抗がん剤治療を行う最大のメリットかもしれません。手術や放射線治療だとその部分だけを治療するしかできませんし、もし癌が他の部位に移転しているとどうしようもありません。薬物療法だと転移していてまだ確認できていない癌にも効果が期待できるのです。また、一度の治療にかかる費用がだいたい100万円だと言われていますから、手術などに比べるとコストパフォーマンスはいいです。

今こうしているあいだにも医療は進歩していますし、抗がん剤治療においても研究が進んでいます。年間を通して癌で亡くなってしまう方はたくさんいますし、このような状況を打破するために国を挙げて癌治療の研究が続けられていますし、抗がん剤治療についても常に見直しと改善が図られているのが現状と言えるでしょう。抗がん剤治療の見直しや改善を図ると共に、患者へのケアについてもさまざまな取り組みが行われています。病院によってどのような取り組みをしているかは違ってくるでしょうが、患者がなるべくストレスを溜めないように工夫したり、日常生活から癌を改善できるような指導をしたりとあらゆる取り組みを続けているのが現状なのです。